【Power Automate】会議の時間を検索

Power Automate
この記事は約2分で読めます。

会議の必須出席者の空き時間を取得する際に利用するトリガー、「会議の時間を検索」のパラメータ設定方法について解説します。



「すべてを表示」をクリックすると、10件のパラメータを任意で設定できます。

項目詳細
最大候補数取得する会議提案数を設定します。
例: 5
出席者の最小割合最低出席率を0~100%で設定します。
例: 80%
(5人の参加者で80%にした場合、4人以上が空いている時間を取得します)
開催者が出席しなくてもよいか?会議の開催者が出席する必要がない場合は「はい」(True)を設定します。
デフォルトは「いいえ」(False)です。
アクティビティドメインWork
ユーザーがOutlook予定表で設定した稼働時間に基づいて、会議時間が提案されます。
デフォルトの稼働時間は月~金曜日の8~17時です。
また、アクティビティドメインのデフォルトの値はWorkです。

Personal
Outlook予定表で設定した稼働時間+土日の会議時間が提案されます。
デフォルトでは月~日曜日の8~17時です。

Unrestricted
曜日や時間に制限なく、会議時間の提案がされます。

unknown
非推奨の設定です。
現時点では「Work」と同様の動きです。
必須出席者会議の必須出席者のメールアドレスを入力します。
複数人の場合はメールアドレスをセミコロン「;」(半角)で区切ります。
任意出席者会議の任意の出席者のメールアドレスを入力します。
複数人の場合はメールアドレスをセミコロン「;」(半角)で区切ります。
リソース出席者会議室や設備のメールアドレスを入力します。
複数の場合はメールアドレスをセミコロン「;」(半角)で区切ります。
会議の継続時間会議の開催時間を分単位で設定します。
例: 60
開始時間提案する会議時間の候補の、開始時刻を設定します。
例(実行した曜日が月曜日で、火曜日以降の会議提案時間を取得する場合):
addDays(utcNow(),1)
終了時間提案する会議時間の候補の、終了時間を設定します。
例(実行した曜日が月曜日で、金曜日までの会議提案時間を取得する場合):
addDays(utcNow(),4)

コメント

もちぱんじゃぱんをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む